さららんのひとりごと

ひとりごとをつらつらと…

住宅ローンの借り換え体験~あの時の会話の真相と後日談~

契約時に交わされた「懇意の司法書士」の話。

終わったと思っていた時に発覚した真相にかなりのダメージを受けました…

★★★

借り換えの契約時に懇意にしている司法書士さんがいるか融資担当者さんに聞かれた時の話。

私「特にいないのでお任せします」

銀「では、こちらで全てやらせていただきますね」 という会話の真相が分かりました。

融資が実行され、印紙代などの諸経費も引き落とされて、抹消手続きも終了。

これで全部終わったと思っていました。

ところが、司法書士さんから登記が終わったので登記簿を取りに来てください♪と連絡があって状況一変。

登記簿と一緒に渡されたのはなんと請求書!!

え?なんで請求書があるの??

しかも171200円!!!!

こういう費用(諸経費)は融資金額の中に含まれているはずだから銀行からの直接振込みじゃないの?

今の家建てた時はどうだったけ??と笑顔で対応しつつも頭の中は?だらけ。

一応確認しなくちゃ!と思って銀行の担当者さんに連絡したら「(担当者さん)はこの春異動になりまして…」ってorz

旦那さんに聞いたら、そういえば携帯に異動になりましたって挨拶があったわ~だそう。

旦那さん…

それ、結構重要な情報なんですが…

終わったことだから払うけれど…

なんだかなぁ…

請求書の内訳は免許登録税や証明書発行などの必要経費が130440円。

司法書士さんの報酬37741円ってかなりの良心的な値段。

払えない金額ではないけど、予想外の出費にがっくり…

★★後日談★★

あの後見積もりを確認したら書いてありました。

諸経費のところにしっかりと。

本来であればすべてが終わった時に 通帳に残っているこのお金はなんだ? →見積書を見返すor司法書士さんからの請求 →ああ、これだったか!ってなったはずなんですよね。

でも前融資先への振込手数料や抹消手続きに関する費用をここから出してしまったことで全く気付かず… (本当は見積もりに上がっていなかったこっち↑を手出ししないといけなかった)

貯蓄用口座に振り込んでもらったもの裏目

さすがに100万単位であれば気づいたんだけど、そうじゃなかったから…

なにより、銀行から直接振り込まれていると思い込んでいたので資料を確認する前に問合せしたのが一番悪かった事。(二重請求かと思った)

銀行にはすぐに事情を話したのですが、前担当者の説明不足が発端なので謝罪させてほしいといわれてしまいました。

何度も断ったもののどうしてもと言われ、玄関先でなら…と受け入れました。

当日は前担当者さんだけでなく、なんと支店長さんまで来られてこちらは恐縮しっぱなし。

前担当者さんは真っ青な顔してるし、支店長さんはこちらのミスで…と頭下げっぱなし。

こちらの認識不足が原因なのに、本当に申し訳ないことをしてしまいました。

★★★

司法書士さんの話の真相とその後日談でした。

諸経費って大きな括りだから細かく見ていないとこういう事が起きるぞって話です。

金額が大きいと振込手数料もそれなりにしますし、印紙代だのなんだのと細かく出費があったのでまったく気が付きませんでした(-_-;)

何より、銀行からの直接振込みがあるって今思うとありえないですよね。

銀行の仕事ではなく、自分が依頼した仕事をやってもらっているんだから…

支払のたびに融資された金額から支払うのか自費なのかを確認していれば、こんな騒動にならなかったのになぁと今でも思います。